RSS | ATOM | SEARCH
建築士や建築会社が防音設計を出来ない理由

一般的に建築士や建築会社は防音設計そのものが理解できないので、新築住宅や防音室の具体的な設計が出来ません。

 

それは、色々な学会の情報を集約したウェブサイトがないので、一般ユーザーや建築士などには必要情報にアクセスすること自体が面倒で難しいのかもしれません。


学会の専門情報や既製品の問題点は私の知る限り、まとめたサイトは存在しないようですので、この点に留意して自分の体験や相談案件を中心にアプローチした情報サイトを新規で作る予定です。

*かなり時間がかかると思いますが、概成した段階でアップします。


学会などの専門家が、広報活動や相談会など何もやっていないから、民間の建築士を始めとして、音響・防音設計が殆ど分からない。
誰にどこに聞けば教えてくれるのかも所在も知らないのが実情です。

 

そのため無礼な建築士や不動産会社がウェブサイトを見て、専門業者にいきなり電話して、無料で教えてくれと言う馬鹿なことをするのです。

自分たちで努力して調べようともしないで、見切り発車で既製の防音材を使って施工するので、失敗事例が増えて行きます。

 

建築学会や音響学会などは建築業界から研究費をもらっているので、企業の製品欠陥や工事内容の不備を分かっていても黙っているようです。
自分たちの自己満足的な研究や活動に専念するだけです。こういうところに業界の問題があると思います。

 

防音職人のウェブサイトでは、出来る限りリスク回避に役立つような情報も掲載しています。

どこの企業からもお金をもらっていないので、問題が分かったら黙っていません。

防音相談の場所

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 12:47
-, -, pookmark
新築の木造防音室の件(ご質問に答えます)

下記の内容を別サイトで投稿したのですが、相談者からいくつか、ご質問が来ましたので再掲して補足してお答えします。

「木造防音室の専門家によって設計仕様はかなり異なります。

大半の専門業者は新築の木造軸組構造でさえ解体して、軽量鉄骨の天井と防音壁を構築したり、床下の大引き・束の構造を壊して、コンクリートスラブを増設する工法をとっています。

私(防音職人)の木造防音室の設計手法は、新築業者が施工した木造軸組在来工法、床下換気、壁内の通気層をそのまま生かし、通気層と防音構造を一体的に構築して設計します。
内壁や天井裏、床下空間を活用した吸音層の施工、空間を狭くしない内装部分の防音構造を組み合わせて施工します。

木造建物の寿命や構造的な安全性を重視し、ピアノなど楽器が建物全体で快適に鳴るように音響と遮音性能のバランスを考慮して設計・施工します。」

 

新築木造の軸組を軽量鉄骨で造り変えると反響が強くなり、木造の柔らかい響きが消えます。とくにピアノやヴァイオリン、金管楽器では音響調整が難しくなります。

プロのピアニストは「木造家屋そのものがピアノを心地よく鳴らす、部屋全体が楽器の一部だ。」と言います。

私の相談者は新築木造の長所を生かした音響・防音設計を要求されます。

 

また、床下の束を撤去して床下換気を潰して、コンクリート床を増設すると、建物の通気がなくなり、木造の寿命が短くなります。

コンクリートは数年間にわたり水分を放出するので周辺の木部を劣化させます。

ですから、床下の基礎コンクリート部には換気を確保して湿気がたまらないように束を建てて床下空間を確保するのです。

 

さらに、せっかく新築で天井裏や床下・間仕切り壁内部の空間を設計するのに、この空間を活かさない手はないと思います。

天井裏や床下・壁内に吸音素材を充填すれば、部屋を狭くしないで防音効果を高めることができます。

 

防音職人では、とくに新築木造防音室は、以上のような観点から、普通の軸組在来工法を活かすことを推奨しています。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 10:04
-, -, pookmark
木造防音室には木造が最適

新築の木造住宅なのに、他の専門業者各社から「既存の内装や天井などの木軸組を撤去して大幅に改造」という提案を受けた相談者が悩んだ挙句、他の専門業者を探したら「防音職人」のホームサイトに辿り着いたということです。

 

内容をお聞きすると、他の専門業者は大改造をする割には壁や天井などが大幅に厚くなり、部屋が狭くなるものでした。しかも防音構造の大半は軽量鉄骨で造り直し、グラスウールと石膏ボード、遮音パネル、既製の音響化粧板仕上げという金太郎飴のような提案でした。各社ともに内容に大差ないということは、元々の設計ノウハウが木造に適さない仕様しかもっていないということが判明しました。

 

新築の木造なのになぜ軽量鉄骨で造るのか意味が分かりません。

 

防音職人では、部屋を出来るだけ狭くしない、新築業者の在来軸組工法をそのまま生かした防音構造を構築します。

*天井も数センチ程度しか下りません。

*防音壁は約40ミリ〜90ミリ程度で造れます。

 

現在、上記のような相談をお受けして、提案書をご提示したところ、今月、2件の木造新築住宅に併設するピアノ防音室をご契約いただきました。

*夏から秋にかけて着工します。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 10:41
-, -, pookmark
ピアノ木造防音室のリフォームが完了

私が担当した静岡県内の木造ピアノ室のリフォームが完了し、依頼者よりご報告がありました。

 

コストと防音構造の厚さを抑えながら工夫して音響・防音設計を調整した甲斐がありまして、ご希望の遮音性能もしっかりと確保されたようです。

後日、詳しいことをお聞きしたいと思います。

 

このピアノ防音室は、数社の専門業者の提案書を依頼者が検討した結果、どれも自宅のピアノ室には向かないというご判断で、別途専門業者をさらに検索して「防音職人」のサイトを見つけたということでした。

 

私の提案が最も防音構造が薄く、日常生活の使い勝手も良いという評価で、すぐに採用されました。

要するに、他の専門業者の提案は依頼者だけでなく、ご家族の生活に支障があるような内容で、防音施工も大幅に無駄に厚いものであり、ご予算を大幅に超過する提案だったそうです。

*防音職人の提案が最もご予算に近かったということです。

 

リフォームは確かに防音構造を薄くするには技術力が必要ですので、地元の職人が施工できる内容を提案しなければ意味がありません。この点が難しいところでした。

 

依頼者によると、アップライトピアノの響きも良く、音が伸びている感じがするとのことでした。

うまく行って良かったと思います。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 09:04
-, -, pookmark
新築の木造防音室の続報です

他の記事でも紹介しましたように、昨年担当した木造音楽防音室の担当現場が完成し、次々とご報告をいただいています。

 

大半の現場が他の防音業者の見積金額の半額または6割程度に収めることができ、遮音性能も戸外側でD-55以上、建物内でD45〜D50程度の防音効果を確保できました。

 

中でも、次の事例は、防音壁の厚さを40ミリ以内に抑え、床の防振対策も仕上げ材を含めて50ミリ程度に納め、コストを大幅に軽減しました。(場所は長野県内)

以下、依頼者の喜びの声を原文のまま、ご紹介します。

 

『防音施工を含めた工事も順調に進み、無事10月に竣工となりました。
引き渡し後の片付けも終わり、先日、ようやく当初計画の想定の使い方での防音室のチェックを行いました。

サックス、ギター、ベース、ドラムのバンド演奏を貸しスタジオ等で行っているものと同等の音量で行いましたが、別室では小さな音量のBGM程度、屋外では環境音程度まで音量が減弱していることが確認できました。
簡易的なデシベルメーターでの計測も行ってみましたが、最低でも屋内別室でD45-50程度、屋外ではD55以上の効果が得られているようです。
また、防音室内の響きについても、複数の楽器が入り交じるバンド演奏を行っていても反射と吸音のバランスが良く、とても演奏がしやすい状況でした。グランドピアノも設置しましたがそちらについても響きの良さを実感しています。

ちなみに、施工現場の見学もできましたが、新築業者にも非常に丁寧に作業して頂けていました。
防音室費用も、他社での見積りの半額程度で収まっており、大変助かりました。


この度は防音室の設計・コンサルティング大変ありがとうございました。
お陰さまで満足のいく演奏環境を得ることができました。』(2019.02.04)

 

以上のように、新築木造防音室の計画段階からご依頼をいただければ、十分な費用対効果を高めることができます。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 09:07
-, -, pookmark