RSS | ATOM | SEARCH
音響チェックの続報(木造ピアノ防音室)
音楽家に依頼されたピアノ防音室(木造住宅に併設)が完了して、実際にご家族のピアニストに演奏していただきました。
ご本人が言われたように、とても音響がよく、グランドピアノの屋根を開けて演奏すると、その良さがとてもはっきりと体感できました。ただ残念なのは、北側の既存サッシュが古くパッキンなどが老朽し、遮音性が低下していることです。
*交換には足場を組まないと届かない高いところにあり、費用がかなり掛かりそうなので、今回は見送りました。

ご家族のピアニストは、ご自身でも隣家への音漏れは十分承知されているので、演奏時間を朝9時頃から夜9時頃に限定されているようです。現状、なんら不都合はないので、費用はむしろピアノ室に置く予定の木製家具に使ったほうが良いと判断されました。
*音響チェックが完了してから家具を購入したほうが良いというわけです。

ピアノは、名前は忘れましたが、ドイツの製品でウォールナット仕上げの古いタイプのデザインです。日本ではあまり有名ではなく、玄人向けのピアノのようです。
なかなかよく響く中で柔らかい音色であり、バランスのとれた音が魅力です。木造防音室に合いますね。

自分の担当したピアノ防音室の中で、心地よい演奏を聴かせていただき、とても楽しかったです。
author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 09:31
-, -, pookmark