RSS | ATOM | SEARCH
住宅など木造建物の防音設計
先日、相談者に次のような質問をいただきました。類似したご質問に対して回答した内容を補足して再掲いたします。

■ご質問:「建築士が設計した木造家屋において、音が筒抜けになることは、通常あり得ることなのでしょうか。」

■回答(防音職人ウェブマスター)
注文住宅を設計する建築士は一般的に、ハウスメーカーよりも生活防音の知識がなく、施主からの特段の仕様的な要望がなければ、音が筒抜けになることは珍しいことではありません。
これは大学の建築教育において、防音設計・音響設計のカリキュラムがほとんどないこと、教員に詳しい知識がないためです。
社会に出ても、木造建築の防音設計に詳しい会社が少ないので、今回の様な木造家屋が建築されるということになります。

そもそも、建築士には音響・防音設計という意味も理解されないことが多く、具体的な設計・工法の提案などできません。
大手建材メーカーの遮音パネルなど既製品を貼り付けるだけの簡易的な対策しかできません。

木造建物の防音設計は、実績と具体的方法論の知見をもった専門業者に依頼すべきであり、マンションの生活防音と同様な問題を抱えています。

書籍など資料も市販されているものは、内容が古く、近年の防音材の状況などを反映して補正されていません。実際の現場経験を生かし、音響・音測定を実施するなど分析を加えて、初めて補正できるものです。
また、情報が分散しており、設計マニュアルが集約されているウェブサイト、専門書そのものが、私の知る限り存在しないようです。
 
author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 08:08
-, -, pookmark