RSS | ATOM | SEARCH
別荘地のオーディオ防音室(住宅)
静岡県内の木造戸建住宅を改造(リフォーム)して、和室と物入れ、縁側(廊下)を1つのオーディオルームにするというご相談です。今回の依頼者は、木造住宅の防音室やリフォームに詳しい専門家を探されたそうです。

その中でも木造家屋・住宅のピアノ・音楽教室や防音室の設計・施工だけでなく、コンサルティングをやれるということが条件でした。そこで、私の防音職人のウェブサイトを検討した結果、ご自身のご希望に近い事例や方法論が記載されていたので、それが決め手になったと言われました。

昨日、むさくるしい私の仕事場において、打合せの中で正式なご予約をいただき、近日中に契約書案を作り、契約を交わすという方向でまとまりそうです。
その前に遠方ですから、地元の大工職人と相談されてから、話を具体的に進めることになりました。

この別荘地は隣家と5メートル程度離れているのですが、とにかく昼間も静かで暗騒音が非常に小さいそうです。このため、通常の防音室レベルの遮音性能に加えて、十分な音響効果を得られる構造にリフォームしたいということでした。

地元の大工職人が確実に施工できる防音設計を検討する必要があり、デザイン的なご希望も考慮したうえで、防音構造を構築したり、構造的な補強を無理なく施すことが課題です。
概ねのご予算もご提示していただきましたので、たぶん成立すると思います。
グランドピアノ並みの音が出る大型スピーカーを床に設置するので、壁と床の共振を抑えつつ、適度な音響と十分な遮音性能を発揮できるようにバランスよく構成し、余り部屋を狭くしない工夫が必要です。

一番難しいのは小屋組みを現し仕上げにする天井面の対策です。地震など耐久性も考慮すると、屋根や下地に大きな荷重を長期間かけられないので、壁に比べて軽量な施工仕様が求められます。
author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 07:37
-, -, pookmark