RSS | ATOM | SEARCH
木造の2世帯住宅の壁防音施工
先月、都内の2世帯住宅(木造)の界壁の防音工事が完了し、その後しばらく様子を観察していただき、つい先日、防音効果の詳しいご報告がありました。
当初は壁の遮音性能を高めるため、人の声やテレビ・オーディオの遮音を主な目的として設計・工事したわけですが、人の声など空気音はほとんど完璧に近いくらい遮断されたようです。同時に足音などの振動騒音も格段に小さくなり、予想以上の効果がありご満足いただけたとのことです。

子供がさわいだり、走る騒音もかなり防音され、非常に費用対効果の高い結果となり安心しました。
今回は、壁に2種類の遮音材(制振効果の高い製品)と吸音材、補強用の合板および仕上げのPBを使用しました。既存の壁よりも、わずか23〜25ミリほど厚くなっただけで、従前と見た目はほとんど変わりません。
*つなぎ目、隙間処理も丁寧に行い、生活防音としては十分配慮しました。

新しい遮音材を1つ追加して防音工事を行いましたが、その効果は十分なものでした。木造住宅の防音としては、現在の取扱い製品はベストなものと言えると思います。
*壁に関しては、防音設計・工法はほぼ確立されたと言っても過言ではないと思います。
author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 08:00
-, -, pookmark