RSS | ATOM | SEARCH
ピアノ防音室の簡易施工の留意点

 ネット上の自称防音専門業者の工法で最も多いのが、鉛ボードと遮音シートの簡易工事です。

 ある相談者の木造防音室において、専門業者が鉛のシートとPB(石膏ボード)を張り合わせた遮音パネルを、既存の壁に重ねた簡易防音工事を実施しました。
 その結果、音漏れが酷い割には、音が共振して、ピアノの音環境が悪くなり、施工した業者にやり直しを依頼したら、逃げられたというものでした。

 遮音パネルのつなぎ目から音漏れがするだけでなく、鉛は音を反射するだけですから、つなぎ目が弱点となり、主として高い周波数の音漏れが酷くなり、共振と過度の反響によってピアノ室としては悪いコンディションになったと思われます。

 簡易防音施工であっても、楽器の防音室には鉛の遮音パネルは使用しないほうが無難です。

 また、遮音シートとPBの重ね施工という、簡易防音工事では、別の相談者から、施工した業者と調停でもめているので、対策案を提示してほしいという依頼がありました。
 これは単純に遮音シートの使い方が間違っているのと、遮音シートそのものの能力不足です。最も多い事例です。

 遮音シートも、鉛ボードも、石膏ボードや合板の上に重ねて施工しても防音効果は低く、音環境を改善することはできません。
 では、これらの製品は木造では使い道がないのかということですが、ちゃんとあります。

 防音ドア製作に使えます。遮音シート、鉛シートは制振性が低いので、とくに石膏ボードや9ミリ以上の合板に面的に重ねては効果が出ないのです。
 フラッシュ建具のように木材の軸組みの内部に吸音材を充填して、その上に隙間なく、遮音シートや鉛のシートを直接軸組みに張り付けるのです。

 これで製品の面密度に応じた遮音性と吸音材の組み合わせで、質量則を超えた防音性能が出ます。ただし、これらの製品は壁のような大きな区画には不向きな素材です。
 できれば、防音ドアや小さい面積の壁に限定的に使ったほうが良いと思います。

以上が、基本的な留意点ですが、ここでは詳細は省略します。とにかく、木造に適した防音材の選定、製品に適した工法など留意が必要です。

 ちなみに、遮音パネルや遮音シートをボードの上に直接重ねるだけの、簡易的な防音工事を行う業者は、防音設計や防音工事は素人です。

author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 18:45
-, -, pookmark