RSS | ATOM | SEARCH
木造住宅の床・天井の防音の基本

 最近、木造住宅などの木造建築が得意な建築士、工務店から防音設計のコンサルティング(有料サポート)業務を単発的にお受けすることがあります。

 直接お会いして、図面を拝見しながら、その場でラフスケッチで防音対策を説明します。

 ここでは、基本的な重要項目をポイントとしてあげておきますので、ご参考になさってください。

◇床剛性の強化
 足音などの振動軽減を図るため、床下地や軸組みの剛性を高めます。

◇床材下の制振
 フローリングなどの下地に制振材を挟み込み、音源で振動音などを減らします。

◇天井裏の吸音
 階下の天井裏で共振・拡散する騒音を吸収するため吸音材を充てんします。

◇野縁受け・野縁の制振
 軸組み木材に制振パッキンを入れ、振動伝播を軽減します。

以上が対策のポイントですが、さらに御予算が許せば、天井の表層材にも制振材を使用すると、防音効果がアップします。

 理想としては、全部のポイントを実行することですが、予算や構造上の制約もあるので、建物用途や要求される遮音レベルに応じて、施工内容をしぼることもあります。

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 12:50
-, -, pookmark