RSS | ATOM | SEARCH
ボックス型のピアノ防音室の留意点

 防音相談で、木造住宅やマンションの二重床にボックス型のピアノなど防音室の設置を検討されるかたがいます。
 グランドピアノと、6帖タイプの防音室の総重量は、1100kg〜1300kg程度になります。

 マンションでは既製の二重床は、これほどの積載荷重が長期間かかることを想定していませんので、管理会社・管理組合は、工事申請を許可しない場合があります。

 また、木造住宅の床に、そのまま設置すると、床などの下地の劣化や振動騒音発生の原因になります。

 マンションの二重床は重量音、低周波音に弱く、周辺への思わぬ騒音被害を招いてしまいます。

 グランドピアノを使用する際に、木造や二重床に防音室を設置する場合は、床の構造的補強と防振対策が必要になります。

 もし、なにも補強しないで、設置することを提案する業者が居るとしたら、要注意です。

author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 11:30
-, -, pookmark