RSS | ATOM | SEARCH
木造ピアノ防音室の依頼者からの追加報告

 今年、私が防音構造の設計を担当した現場(関東)の依頼者から、追加報告がありました。

 壁や天井・床の遮音性能は、現場の音測定を担当した提携先の建築士より、壁に耳を当てても、殆どピアノの音は聴こえないほど防音されていることが確認され、私の責任は無事果たすことができました。

 しかし、住宅全体のデザインを担当した建築士が、オリジナルの二重サッシュ、防音ドア等の建具を発注したのですが、遮音性能が乏しく問題となっていました。

 そこで、依頼者(施主様)が、私の当初の計画・アドバイスに準じて、二重サッシュをメーカーの既製品から選んで、後付されました。その結果、想定どおりの防音効果が出て、私の計画・コンサルティングの正しさが証明されたようです。

 以下、そのご報告の抜粋です。

新築木造ピアノ室でお世話になったSYです。その後の経過をご報告します。
自宅が完成後、しばらくは追加の音対策はせずに過ごしていたのですが、やはり窓からの音漏れは気になり、(ピアノを弾いていて、無意識のうちに音量をセーブしてしまう)隣家から苦情が来たわけではありませんが、内窓(YKK製)を取り付けました。

これにより、窓からの音漏れはほぼ無くなり満足のいく結果が得られました。
(窓が本来の防音性能を発揮したため、いまはピアノ室ドア→玄関からの音漏れが耳につくようになりました。
もっとも、この方向は他家まで十分な距離があるので実際上問題にはなりません。)

今回のピアノ室防音に関して、防音職人(ピアノ)さんにお願いして本当によかったと改めて感謝しております。
author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 08:20
-, -, pookmark