RSS | ATOM | SEARCH
仕様書は防音材と施工要領がセット

防音職人の仕様書は、専用の防音材と具体的な施工要領がセットになって想定する防音効果を発揮します。

*防音相談の提案書は、基本的な仕様書と概算のみです。施工要領や施工説明図は契約が完了してから作成します。

 

新築の防音室や住宅の生活防音に関する契約内容は、主に「仕様・施工に関するコンサルティング」、「防音計画書・施工説明図」、「防音工事の施工要領」になります。

 

そして、専門的な防音材は仕様書および防音計画書に記載します。相談時の提案書には施工要領や市販品の指定事項は記載しませんので、他の専門業者や建築会社がそのまま流用しても同じ効果は得られません。

 

また、専門的な防音材(受注生産品)は契約者の現場にしか納品しませんので、市販品による代用は殆ど無理です。

 

私の防音材は、約25年間かけて自宅マンションや木造の知人宅で実験したり、契約者の現場および提携先の現場で検証したうえで選定したものです。納品単価も、現時点では同じ製品(防音材)であれば、私の現場が最も安くしています。

*取引先メーカーは私と直接取引であり、代理店を経由していませんので、中間経費が送料以外は発生しません。

 

防音相談において、提案書を渡した途端、連絡が途絶するかたが居ますが、流用しても無駄になりますので、ご留意ください。

*実際の防音工事には、天井と壁の取合い部、壁と床の取合い部における詳細な施工説明図が不可欠です。

 

遠方の新築現場でも、契約完了後であれば設計資料や防音材を納品できますので、事前にご相談いただければ対応しています。

*木造の防音設計であれば、新築でもリフォームでも可能です。

*参考ページ:木造防音

 

author:防音職人ウェブマスター, category:防音設計・計画, 11:51
-, -, pookmark