RSS | ATOM | SEARCH
木造防音の設計理論

木造の楽器防音室(ピアノ室など)を現実的な防音構造の厚さで設計・施工するには、木造の設計理論と施工要領を確立していないと出来ません。

*参考:木造ピアノ防音

 

ところが、大半の建築士や施工会社は、木造防音の理論と施工要領を理解していません。

このため、必要以上に分厚い構造で施工して、限られた空間を無駄に狭くしてしまいます。それに建物構造に過度な荷重がかかり、建設コストもかさんでしまいます。

 

適切な費用と構造で、木造防音室を構築するには「設計理論と施工要領」「高性能な防音材」「木造に適した技術を持つ施工会社」が必要です。

 

要するに、同じ木造でも、「設計仕様と工法」と「使用する資材」によって費用対効果に大きな差が出ます。

 

コンクリート・鉄骨構造と同じような工法・仕様で施工すると、建物の負担がきつくなるだけでなく、木造に適した音響を損なうことになります。

これでは、プロピアニストなどが好む木造音楽室としては本末転倒です。

 

木造であっても、D-55からD-60レベルの遮音性能であれば、コンクリート構造とほぼ同等の厚さで構築できます。

*コンクリート壁式構造で躯体を厚さ150ミリで設計すると、防音壁は外装・内装を含めて厚さ約220ミリになります。

*木造防音室の防音壁は本体の外装・内装を含めて約230ミリで同等以上の性能を実現できます。

 

木造がコンクリート構造に劣るわけではありません。設計次第です。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 15:49
-, -, pookmark