RSS | ATOM | SEARCH
木造2階にグランドピアノ室は可能

中古の木造住宅であっても、1階の土台や基礎が損壊していない限り、2階にグランドピアノの練習室や防音室を造ることは可能です。

*軸組在来工法でもツーバイ工法でも可能です。

 

ですが、木造軸組在来工法のほうが下地や軸組を改造補強しやすいので有利です。音響的にも軸組在来工法のほうが最適化しやすく、重低音など固体伝播音の防音対策もやり易く、比較的薄い防音構造で対処できます。

 

間取や近隣家屋の状況に応じて、既存の窓も生かすことが出来ます。ドアは建具・壁及び床下地を含めて造り直すことになりますが、窓は枠材をふかすことで内窓(防音ガラス)取付けで対処できます。

*既存の窓を潰す提案は無謀です。防水上の改修や結露対策が大掛かりになり工費が嵩みます。

 

まずは、既存構造や間取り、周辺環境を勘案して防音計画(仕様・構造補強・間取り改変)を立案することが重要です。

 

予算的な問題を含めて、施主のご希望を最優先に考えて提案することが基本です。

 

金太郎飴のような分厚い構造を、施主の意向を聞かずに押し付けるような提案はナンセンスです。

 

なお、ツーバイ工法の場合は、出入り口の開口部改造(拡げること)は殆ど出来ませんので、注意する必要があります。

*拡げる場合は、軸組構造による構造補強+パネル補強が不可欠です。狭い部屋には適用できません。

 

色々な制約を考えると、新築でもリフォームでも、従来型の軸組在来工法が有利です。

author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 11:15
-, -, pookmark