RSS | ATOM | SEARCH
ピアノ音楽室と石膏ボード

木造のピアノ教室、趣味の練習室などの天井・壁を石膏ボード二重張り、三重張りで造るリフォーム業者・建築士が意外と多いようです。完成したあとで、予想以上に音漏れが酷い上に、音響が悪くなり相談されるケースがあります。

 

木造のピノ音楽室に限らず、シアター・オーディオなど木造防音室に向かないのが「石膏ボードを重ねる仕様」「遮音パネルを張り付ける仕様」と言えます。

 

主な理由は、硬質な遮音材のためコインシデンスが起きること、つなぎ目からの音漏れが弱点になることです。さらに音響が悪化するので木造ピアノ室には適さないのです。

 

石膏ボードは廉価な遮音材、耐火材として多用されていますが、木造ピアノ室への施工は要注意です。

 

むしろ、石膏ボードの使用は控えて、合板や軟質シージングボード、無垢材の羽目板など木製品を重ねて施工したほうが、防音効果も音響も良くなります。

 

加えて、穴開き合板(有孔ボードなど)と吸音材を活用すると、比較的軽量な構造で音漏れや反射音を軽減できます。

 

もちろん、木造と相性の良い専門的な防音材を併用すれば費用対効果も格段に高まります。

*参考:木造在来工法のピアノ室

author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 08:06
-, -, pookmark