RSS | ATOM | SEARCH
木造防音の基本的な考え方

ネット上の木造住宅や木造音楽室の防音対策に関する情報ページを見ると、大半が防音設計の基本を理解していない人、または素人が書いている記事であることが分かります。

 

木造建物は、同じ厚さで防音構造を造ると、鉄骨造やコンクリート造、プレハブのALC造に比べて遮音性能が劣ることはありません。

木造の遮音性能が低いと軽々に断じている人は、木造の防音設計を知らない人です。

 

木造住宅の生活防音や木造音楽室の音響・防音対策は、建物の構造的な特長や木材の特性を理解していないと設計仕様を決めることは出来ません。

この点を誤解している建築士や建築業者が多すぎます。

 

また、素人が他人の情報ページを鵜呑みにして流用し、想像だけで記事を書いています。遮音材、制振材、吸音材の使い方や製品選定だけでなく、木材・木製品、石膏ボードなど一般的な建材の特性を知らないで使っています。

 

建築材料や製品の特長や留意点を知らなければ、防音設計は出来ません。

 

従来の木造軸組在来工法は、天井や壁・床下など内部空間に吸音材を充填したり、空間の厚み・距離的な音の減衰効果を活用して防音対策を行うことが基本です。軸組や下地合板等の剛性補強を加えて相乗効果を生み出す構造です。

これに木材と相性の良い専門的な防音材を併用することで、質量則を超える防音性能を生み出すことができます。

 

ネット上の情報は、玉石混淆の状況ですので、迷ったら信頼できる専門家にセカンドオピニオンとして相談されることをお勧めします。

*参考:木造在来工法のピアノ室の防音 | 木造住宅の防音設計

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 16:26
-, -, pookmark