RSS | ATOM | SEARCH
新築木造住宅のピアノ防音室が動き出しました

ようやく、埼玉県内の新築木造住宅(木造軸組在来工法)内部に一体的に建築するピアノ音楽室(防音室)の着工予定が決まりました。すでに新築住宅本体は工事中です。

*屋根・外壁および床などの下地及び躯体軸組が概成した段階で内部の防音工事を行う計画です。

*施工業者は新築業者とは別に施主が契約する地元の建築会社が担当します。

 

私の担当は計画書および防音施工図の作成、専門的な防音材の現場納品です。先行して計画書・防音仕様書は提示して納品済みです。現在、防音施工説明図を作成中です。

 

空間構成の特徴は、大きな吹き抜けが1階から2階にかけて6割以上を占めており、ピアノ防音室が一部の戸外側の外壁および居室に隣接する内壁に囲まれていることです。

最優先事項は近所への音漏れ軽減とピアノ演奏時における床と壁面の共振を抑えることです。

 

室内の表面積および床面積がかなり大きいため、施工費軽減と空間有効利用の観点から、薄型の防音構造と音響調整を主眼とする仕様になっています。防音材の使用量を抑えています。

 

石膏ボードの使用は限定的で、防音材以外では大半が木材・木製品表層材を使用します。

*木材:軸組、合板、無垢材(羽目板、無垢材フローリングなど)

*壁面は木製品・クロス仕上げ

 

防音工事は夏ころに開始して、建物全体は今年の11月完成を目標にしています。完成後にグランドピアノを設置します。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 11:54
-, -, pookmark