RSS | ATOM | SEARCH
防音材メーカーと防音設計専門家は異なる

相談業務において、最も多い勘違いが、「防音材メーカーと防音設計の専門家を混同する」ことです。

 

防音材メーカーは、あくまで製品を生産することが本業であり、メーカーの遮音性能の試験値は単体のデータのみです。

要するに現場での相乗効果や弱点などを検証していないだけでなく、施工要領も間違っているものがあります。

 

このため、メーカーの性能見込みは現場の防音効果と乖離します。彼らは「防音設計」の専門家ではないのです。

 

このような勘違いが多いのが、木造防音室での音響や遮音性能の問題です。メーカーの技術者は木造建物自体の知識があまり無い人が多く、営業マンはさらに実務経験がないので、あくまでメーカーのカタログの説明をするだけです。

 

遮音欠損の防止、コインシデンスの補正、共振透過の軽減、壁と床の共振回避など、具体的な工法詳細や設計手法を知らないで宣伝しています。

 

ちなみに、防音職人の防音材は防音建材メーカーの製品よりも歴史が古く、実績も豊富です。それは土木工学、機械設備、車産業などの分野で開発された材料がベースになっています。

*すべて受注生産品です。市販品ではありません。

実際の防音室など担当現場で検証している製品です。もちろん、適正な防音設計と施工要領があって初めて成立するものです。

単純に既製品を張り付けるだけで出来るものではないのです。

 

次のページを読んでいただければご理解いただけると思います。

防音設計のスキーム

防音設計の常識

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 11:32
-, -, pookmark