RSS | ATOM | SEARCH
木造ピアノ室の音響・防音対策

木造軸組在来工法の建物において、床などの固体伝播音の軽減は重要ですが、こればかり留意して音響を軽視したのではピアノ教室や練習室を目的とした防音室として不適格です。

 

なぜならば、木造ピアノ室は「木造建物全体で鳴るような楽器」であるとプロのピアニストや調律師が指摘している通り、防音性能だけではなく音響が命だからです。

この目的に最も適した構造が「木造軸組在来工法」です。

 

この構造を活かすための工夫が「防音設計」です。もちろん、木造に慣れている建築業者の施工が必要ですが、普通の防音専門業者は必要ありません。適切な施工要領、防音仕様書・説明図、木造と相性の良い防音材、建築材料があれば東京に限らず全国で実現できます。

*留意しなければならないのは「優れた音響・防音効果」は防音材と無垢材など木製品、その他一般建材が複合的に構築されて実現されることです。そして木造建物の安全性・寿命を重視することが大切です。

 

私は自宅や知人宅の実験を含めて25年以上、費用対効果の高い薄型の音響・防音構造を追求してきました。とくに、その成果がここ数年で地方の木造現場を含めて開花しています。

依頼者の声(抜粋)

 

ピアノ室を含めた木造の事例は次のページに掲載されていますので、参考にしていただければ幸いです。

木造ピアノ防音室(ヴァイオリン・声楽・和楽器含む)

防音対策・施工事例

木造住宅・ピアノ音楽室

author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 08:18
-, -, pookmark