RSS | ATOM | SEARCH
ギリギリの木造ピアノ防音室(ピアノ教室の続報)

2019年12月に投稿しました記事の続報です。

東京都国立市に隣接する府中市内の住宅地に建っている木造住宅に、ピアノ教室を開くために依頼された木造現場です。和室と洋室が引き戸一枚で区切られている室内を、一部屋にまとめてフローリング仕上げのピアノ防音室(洋室)として、今回、防音リフォームしたものです。

 

画像に示すようにグランドピアノがギリギリ入るような間取りですので、普通の音響・防音設計では対処できない現場です。施工を担当した建築士によると、他の専門業者では不可能だと思われるという判断でした。

しかも、ピアノ教室として良好な音響を確保するのは、木造軸組在来工法ではかなり難しいのでは?と思ったそうですが、私の判断は逆で、木造軸組在来工法の建物であったから成功した現場です。

 

なぜなら、ピアノは建物全体で鳴らす楽器だからです。国内外のプロのピアニストが木造在来工法を好む理由が、そこにあります。

この特性を生かした音響・防音設計および工事を実施できるのは、東京の専門業者でも極めて少ないです。

 

以下、現場を担当した建築士と施主(依頼者とピアニストのご家族)の感想をまとめると次のようになります。

「響きが良くてちょうどよい音響になっている。他の専門業者には今まで使用していたボックス型の防音室は入らないと言われていたのでピアノ室が実現できて良かった。隣家が非常に接近していて夜間演奏が出来るか非常に不安だったが、完成して演奏してみたら音漏れは非常に小さく、むしろ戸外の車などのノイズのほうが大きいくらい。防音効果としても全く問題がない。」

木造ピアノ室

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 11:30
-, -, pookmark