RSS | ATOM | SEARCH
木造のピアノ室の防音設計

地方の相談案件では、直接お会いしてピアノ室など音楽防音室(木造)の留意点をご説明できませんので、ホームサイトやブログの記事をご覧いただくしか方法がありません。

 

そこで、再度、木造防音室の防音設計の留意点及び基本事項を記載します。※これは新しく作る特設ページの下書きも兼ねていますが、重要な点を箇条書きで述べます。

 

狭い部屋にはコンパクトな防音構造が不可欠

・分厚い防音壁は物理的に造れない。

・音楽室では出来るだけ天井高を高くしたい。

・反射音の強い防音仕様は音響的に耳が疲れるので、薄くて吸音性のある表層材(木製品など)が必要。

 

薄い防音構造の効果を高める工夫

・遮音、制振、吸音の諸機能を複合化する。

・正しい施工要領による遮音欠損の防止。

・木材を含めた素材の周波数特性を重視する。

・防音材と一般建材の相乗効果、コインシデンスの補正が重要。

 *参考記事:遮音材の概要

 

既存空間の有効活用(部屋が狭くならない)

・天井裏、壁内、床下の吸音層構築、下地補強を行う。(見えない部分の構造改善)

・木造は吸音材の選定によって防音効果に大きな差が出る。

・新築物件では断熱吸音材の選定が極めて重要になる。

 

以上の諸点を重視することが、木造(新築住宅、音楽室)の防音設計の基本です。

また、問題意識のないところに、技術力アップはありませんので、机上理論を実践経験で補正することが大事です。

ネット上の無責任な記事やメーカーの自己申告データを鵜呑みにするとリスクがありますので、注意が必要です。

author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 10:39
-, -, pookmark