RSS | ATOM | SEARCH
新築の木造防音室の続報です

他の記事でも紹介しましたように、昨年担当した木造音楽防音室の担当現場が完成し、次々とご報告をいただいています。

 

大半の現場が他の防音業者の見積金額の半額または6割程度に収めることができ、遮音性能も戸外側でD-55以上、建物内でD45〜D50程度の防音効果を確保できました。

 

中でも、次の事例は、防音壁の厚さを40ミリ以内に抑え、床の防振対策も仕上げ材を含めて50ミリ程度に納め、コストを大幅に軽減しました。(場所は長野県内)

以下、依頼者の喜びの声を原文のまま、ご紹介します。

 

『防音施工を含めた工事も順調に進み、無事10月に竣工となりました。
引き渡し後の片付けも終わり、先日、ようやく当初計画の想定の使い方での防音室のチェックを行いました。

サックス、ギター、ベース、ドラムのバンド演奏を貸しスタジオ等で行っているものと同等の音量で行いましたが、別室では小さな音量のBGM程度、屋外では環境音程度まで音量が減弱していることが確認できました。
簡易的なデシベルメーターでの計測も行ってみましたが、最低でも屋内別室でD45-50程度、屋外ではD55以上の効果が得られているようです。
また、防音室内の響きについても、複数の楽器が入り交じるバンド演奏を行っていても反射と吸音のバランスが良く、とても演奏がしやすい状況でした。グランドピアノも設置しましたがそちらについても響きの良さを実感しています。

ちなみに、施工現場の見学もできましたが、新築業者にも非常に丁寧に作業して頂けていました。
防音室費用も、他社での見積りの半額程度で収まっており、大変助かりました。


この度は防音室の設計・コンサルティング大変ありがとうございました。
お陰さまで満足のいく演奏環境を得ることができました。』(2019.02.04)

 

以上のように、新築木造防音室の計画段階からご依頼をいただければ、十分な費用対効果を高めることができます。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 09:07
-, -, pookmark