RSS | ATOM | SEARCH
薄い防音構造が決め手だった

今月、3件の木造防音室のご契約をいただきました。

*2件は新築計画で来年着工予定、もう1件は木造住宅のリフォームです。

 

うち2件は木造住宅ですが、部屋が4.5帖〜約6帖のため、薄い防音構造(天井・床・壁)で対処しないと楽器や家具が置けないという事で、両依頼者ともに希望に合致する専門家ウェブサイトを検索されていたということです。

*もう1件はピアノ教室を造るため部屋を狭くしたくないということで、出来る限りコンパクトな防音設計をご希望です。

 

木造は遮音性能が弱いという前提で分厚い防音工事を提案する業者が多く、木造の持つ素材・構造的な特徴を理解しないで無駄な設計・施工を実行する専門業者が多いのです。

*ウェブサイトも金太郎飴のような提案ばかりで業者間の特長が見えない。

 

私(防音職人)へのご依頼は建築士の紹介ではなく、施主様のご希望によるもので、防音設計・コンサルティングが最初の契約の条件でした。

 

薄い防音対策だけでなく、D-50以上の遮音性能と良好な音響を実現することがご要望の内容です。

 

理論的に構造を説明することは、一般のかたには難しいというか、建築士でも勉強したり実施設計を経験していないと理解できないものです。ですから、一般の施主が内容を理解できないのは当たり前なのです。

 

2件は実際にお会いして打合せをして詳しい内容を説明しました。もう1件は私のウェブサイトをじっくりと読み込まれてから納得されてご契約をいただきました。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 14:29
-, -, pookmark