RSS | ATOM | SEARCH
ギターとヴォーカルの木造防音室(主に天井)

先日、木造住宅の趣味防音室(ギターとヴォーカル)の工事が完了し、防音効果などのご報告が依頼者からありました。

 

ご予算や天井の構造的な制約があるので、家族が気にならない程度まで音漏れを小さくするという目的の防音コンサルティングと資材提供を担当しました。

*わざわざ京都から私に会いに来ていただき、地元(西国立)で防音相談をお受けしました。

 

主に天井と物入れ内部の見上げ・壁面の防音対策に加えて、点検口の遮音でしたが、点検口の部分はとくに施工業者が工法自体が理解できないため、既設の点検口の枠材などを再利用する前提で詳細図を作り提示しました。

 

遮音材の施工要領を説明するのに時間がかかり、改めて根気のいる業務だと(笑)再認識しました。

おそらく施工業者が普段使用している防音材(大手メーカー)製品では、余り効果は出なかったと思います。

 

工事の結果、ご家族の耳には気にならないレベルまで遮音性能を高めることができたのです。

費用対効果も抜群で、東京や関西の専門業者の半額程度で出来ました。

 

遮音材も吸音材も、防音職人が普段使用している製品を現場に納品しました。うまく行って良かったと思います。

隙間処理の重要性を再確認しました。

 

結局、追加を予定していた天井の吸音化粧板を施工しないで、普通のクロスで廉価に仕上げました。

*防音効果を確認していただいてからクロス仕上げをするように指示していました。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 15:36
-, -, pookmark