RSS | ATOM | SEARCH
グランドピアノの音を遮音する内窓

先日の防音室の担当現場に関連して、内窓のご質問をいただきました。

 

プロのピアニストがグランドピアノを普通に演奏すると、概ねMAX95dB〜100dBになります。演奏中にご家族の音楽家と私が一緒に聴いたところ、窓直近でかすかにピアノの音が聴こえる程度でした。

 

ということは窓の遮音性能はD-55〜60ということになります。新築業者が施工した外窓は、木製3層構造の複層ガラスです。

この製品は新築時に私が改造を要望しまして、3枚のガラスのうち、内側1枚の厚さを変更してもらい、共振を軽減しました。

*外窓の当初の性能は32dB遮音できる製品でした。おそらく改造した製品はD-35はあったと思います。

 

内窓で20〜25dBほど遮音性能を向上させることができたのです。しかも内窓は気密性の高い樹脂サッシュでガラス厚は5ミリの単板です。新築なので取付ける額縁を通常よりも6センチほど奥行きを深くしてもらいました。

要するに空気層を大きくして、主に高音域の遮音性を向上させたのです。

*費用も余りかからず、費用対効果は抜群でした。

 

高額な防音ガラスなど使用しなくても、大幅に遮音性能を高めることができることを証明した事例です。

 

ちなみに、単板ガラスの弱点は高音域です。複層ガラスの弱点は低音域で高音域が遮音性が高いという特性を持っています。

*複層ガラスが低音域の遮音性が延びないのは空気層の共振によるもので、単板ガラスが高音域で遮音性が低下するのはコインシデンスのためです。

*防音ガラスも低音域の遮音性は伸びません。主に高音域で防音効果を発揮する製品です。防音ガラスに過度に期待するのはリスクがあります。

 

内窓を付けるポイントは、取付ける間隔を大きくして空気層を厚くすること、気密性の高い樹脂製サッシュを使用すること、ペアガラスなど複層ガラスの弱点を補完する製品を選ぶことです。

*フカシ枠や額縁の活用が効果的です。

 

author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 09:13
-, -, pookmark