RSS | ATOM | SEARCH
木造のピアノ防音室の難しい所

プロのピアニストは木造の防音室を好みますが、部屋が狭いほど音響・防音構造は難しくなります。

とくに壁・床から発生する固体伝播音対策の難易度が高くなります。

 

固体伝播音によって床と壁が共振し、遮音性能が低下するだけでなく、音響的にノイズが発生しやすくなるので、床材をフローリングにする際は要注意です。

 

床は柔らかい浮き床工法だと床鳴りが、遮音ゴム又はグラスウールの乾式置床構造にするとクリープが発生するなど問題が起きます。

一番無難なのは制振材を面的に敷き、木製ボードと重ねて施工することです。

 

そして、出来る限り壁と床を絶縁し、共振を抑えます。

これらの工法は経験のない業者には無理ですので、契約する前に必ず詳細な提案書を提示してもらい確認することが必要です。

 

コンクリート構造の防音室の工法を、そのまま木造建物に適用するのは危険です。

床下の通気を遮断する工法は木造の寿命を縮めるので、やってはいけない工法です。

 

木造建物には、木造に適した防音施工が望ましいので、専門業者の実績を考慮の上、提案書に納得してから契約することが重要です。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 12:29
-, -, pookmark