RSS | ATOM | SEARCH
和楽器(琵琶)の教室(木造防音室)が完成

先週、防音工事が完了し、依頼者がカーテンを取付けたり、家具を搬入されて琵琶教室の準備が完了したようです。

*防音職人が音響・防音設計および工事を担当しました。

 

依頼者のご報告によると琵琶演奏中に戸外への音漏れは聞こえなく安心して練習ができるとのことです。そして、音の響きも良くて、防音性能も想定以上の効果が出ています。

*琵琶をプロの奏者が普通に演奏しても、ご家族の耳には聞こえないということですので、最低でもD-50以上の遮音能力があるということになります。窓もフカシ枠を取付けて内窓と外窓の間隔を普通よりも広くとりました。

 

今まで、防音職人の木造住宅の現場では、D-50は既存の構造に防音壁を厚さ41ミリで構築するのが、最も薄い対策でしたが、今回は約35ミリで実施しました。

 

今までの薄い防音構造をさらに更新して、約35ミリの防音壁でD-50以上を実現できたことが大きな収穫でした。

 

2種類の遮音材+2・3種類の木製ボードを組み合わせたもので、音響にも配慮しました。

今回の防音仕様は他の木造住宅(在来工法)にも適用できる見込みです。

 

防音効果が想定以上に出た要因として、現場が「木造在来工法の住宅」だったことが大きかったと思います。

*ツーバイフォーなどパネル工法よりも在来工法のほうが音響が良く、リフォームしやすいという利点があります。

 

また、今回の現場では壁面の補強も合わせて行いました。

*詳細はホームサイトにおいて、事例として写真付きで掲載する予定です。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 09:08
-, -, pookmark