RSS | ATOM | SEARCH
木造住宅のピアノ教室(防音室)の音響

木造の戸建住宅2階に、大型のピアノ2台(ヤマハC5、スタインウェイ)を配置した防音室の現場チェックをしてきました。

プロのピアニストである依頼者のご報告通りであり、問題はありませんでした。

 

画期的なのは厚さ38ミリの防音壁により音漏れが1/4以下になったことです。(人間の耳による聴感)夜の9時頃でしたら曲名も分からないくらい音漏れが小さいので、近所が窓とドアを閉め切っていれば聴こえません。

*むしろ近所の防音室でピアノを演奏している所のほうが音漏れが酷く、まず近所からクレームが付くことはありえないでしょう。

 

今回の成功の要因は、床の構造的補強をしたこと、防音材と合板・軟質シージングボードの調和的相乗効果が出たことです。

 

このような音響・防音設計の仕様は、今まで何回も実施して防音効果を体感しているので、成功する見込みが最初からありました。

たぶん、厚さ38ミリの防音壁は業界最薄の構造でしょう。

 

これならば、6帖程度の木造住宅の室内でもピアノ教室は可能です。

 

今回の依頼者は昨年12月にご提案した内容を納得されまして、すぐにご契約をいただきました。ピアニストですから経験的に薄い防音構造が難しいことをご存知です。

でも、実際に使用する防音材に触れていただきながら、説明図を手描きで示して納得していただきました。

 

防音職人では実際に使用する防音材のサンプルを触っていただきながら、対策の構造を手描きで説明します。

誰にでも理解できるようにご提示しています。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 15:23
-, -, pookmark