RSS | ATOM | SEARCH
木造防音室は素材のコインシデンス・遮音特性が重要

ある情報掲示板で、木造住宅の1階に低予算でDIY+防音工事で音楽防音室を計画している人が居てアドバイスを求めていました。

 

たまたま、私の古いアカウントが生きており、参考意見を述べたのですが、なにやら自称専門家を名乗る人が、遮音性能の計算式を引っ張り出し、石膏ボードや鉛の遮音パネル、グラスウールによる対策を長文で述べており、そちらを参考にされたようでした。

*低予算と言いながら、このような仕様で分厚い防音構造の工事を業者に依頼したら、それなりの費用が掛かります。

 

私は費用対効果と薄い構造をメインにアドバイスしたのですが、あまり興味がなかったみたいです。

 

一方、すでに私の担当現場では実例として薄い防音壁などにより、音漏れが1/3程度に軽減され、依頼者からは結構驚かれました。というのは、他の専門業者が提示した提案がまさに上記の様な内容で、工事費用(見積り)もかなり超過したので、私の提案を採用されたのです。

 

私の設計・施工の総額は他の業者よりも3割以上安くなり、依頼者のご予算に収まったのでした。ご希望の防音効果もクリアでき、ピアノも2台配置できるように薄い構造で設計しました。

 

この設計仕様の基本は、素材の持つコインシデンスや周波数別の遮音特性などを考慮して、複数の素材を併用する相乗効果を出すものです。音響にも配慮した表層材仕上げも施工しています。

木造であれば可能な提案だったのです。

 

専門的な内容が理解できない人には、どんなアドバイスも役には立たないという典型例でした。少しでも理解しようと勉強される相談者であれば、きっと役に立ったはずです。

 

ちなみに、質量則と空気層だけを考慮した計算式では、想定通りの遮音性能は発揮できない場合があり、音響も悪くなる場合があります。定在波も使用する素材によって変化するので、一律に計算式だけでは調整できません。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 09:01
-, -, pookmark