RSS | ATOM | SEARCH
木造防音の基本的な考え方

ネット上の木造住宅や木造音楽室の防音対策に関する情報ページを見ると、大半が防音設計の基本を理解していない人、または素人が書いている記事であることが分かります。

 

木造建物は、同じ厚さで防音構造を造ると、鉄骨造やコンクリート造、プレハブのALC造に比べて遮音性能が劣ることはありません。

木造の遮音性能が低いと軽々に断じている人は、木造の防音設計を知らない人です。

 

木造住宅の生活防音や木造音楽室の音響・防音対策は、建物の構造的な特長や木材の特性を理解していないと設計仕様を決めることは出来ません。

この点を誤解している建築士や建築業者が多すぎます。

 

また、素人が他人の情報ページを鵜呑みにして流用し、想像だけで記事を書いています。遮音材、制振材、吸音材の使い方や製品選定だけでなく、木材・木製品、石膏ボードなど一般的な建材の特性を知らないで使っています。

 

建築材料や製品の特長や留意点を知らなければ、防音設計は出来ません。

 

従来の木造軸組在来工法は、天井や壁・床下など内部空間に吸音材を充填したり、空間の厚み・距離的な音の減衰効果を活用して防音対策を行うことが基本です。軸組や下地合板等の剛性補強を加えて相乗効果を生み出す構造です。

これに木材と相性の良い専門的な防音材を併用することで、質量則を超える防音性能を生み出すことができます。

 

ネット上の情報は、玉石混淆の状況ですので、迷ったら信頼できる専門家にセカンドオピニオンとして相談されることをお勧めします。

*参考:木造在来工法のピアノ室の防音 | 木造住宅の防音設計

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 16:26
-, -, pookmark
木造住宅の防音設計

今まで行ってきた防音相談や契約現場の経験を踏まえると、一般のユーザーに限らず、建築士を含めた住宅設計者に分かりにくい主な内容は次の通りだと思います。

 

・断熱材の周波数帯における吸音特性

・遮音材(石膏ボードを含む)のコインシデンス

・窓の遮音対策

 

防音換気扇については、既製品がありますので、比較的利用しやすいのですが、一般的な建築材料や防音材の特性・施工要領は知識経験がないと理解できないものです。

また、窓についても多様な製品があり、留意点もメーカーに詳しく確認しないで軽視する建築士が多いようです。

 

断熱材もグラスウール・ロックウールと発泡材を混同する建築士や新築業者が多く、これによって防音効果に大差が出ます。

*発泡材は基本的に吸音性が乏しく、逆効果になる製品もあります。

 

遮音材の中で最も廉価な製品は、石膏ボードです。この製品の使い方が間違っている事例が最も多く、単純に重ねて施工すれば防音効果が高まると考えている建築士・建築業者が多いです。これは製品のもつコインシデンス等の弱点を知らないために起こるミスです。→参考記事:木造ピアノ室の鉄則

 

防音材についても、周波数帯ごとに弱点を持っている遮音パネルもあります。工法の問題による弱点もあり、防音設計の基本が分からない建築士には「木造住宅の生活防音」は思ったよりもハードルが高いようです。

 

防音職人では、セカンドオピニオンとして「有料の防音対策コンサルティング」業務も行っています。最近、テレワークによる相談業務が増えています。
 

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 17:00
-, -, pookmark
住宅の防音対策・音楽室の留意点

先日の強い台風では、みなさんご自宅や周辺において、風の音を聴かれたと思います。強い風でなくても、建物や建具に隙間があると通気や音漏れ、戸外と室内での気圧の変化で音が聴こえることがあります。

 

そこが防音対策においては弱点であるので、必ず隙間対策や建具の改善・補修が必要になります。

 

これは木造住宅でもマンションでも、生活防音や音楽防音室の遮音性を高めるためには同様な重要事項です。

 

24時間換気扇や給気口は給排気など換気に必要な部分なので別途対策が必要ですが、建具や壁・床面の隙間は防音対策を行うことになります。

防音工事でも、隙間を作ったり、見逃してしまうと弱点になります。

 

もちろん、共振を回避する下地の隙間は意図的に「縁を切る」ため、あえて隙間を造りますが、必ずコーキング処理や吸音材充填をして塞ぎます。

 

建具自体の気密性は非常に重要なため、信頼できるメーカーのサッシュを選ぶ必要があります。

結構、細かいことですが、これによって遮音性能に差が出ます。

 

要するに気密性も遮音性に関係してきますので、天井・壁・床の工事での納まりは同様に重要です。


ただし、高断熱・気密工法で使用する発泡材(吹付を含む)は防音上は逆効果になるため、ご注意ください。

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 09:23
-, -, pookmark
木造防音の専門家の見分け方

ここでは、最近の防音相談において質問された内容について記述します。

 

木造の音楽防音室や新築など一般的な住宅の生活防音の質問に対する回答になります。

 

木造の防音設計の専門家・見分け方

基本的に吸音材を軽視する技術者は防音設計の専門家ではありません。これは提携先やベテランの取引先建築士も同じ意見です。

*防音対策にグラスウール、セルロースファイバーを使用する専門家は木造防音設計には不向きです。

*余程の事情がない限り、ロックウール又はポリエチレンウールを使用します。

 

また、具体的な防音材の種類や特長・施工要領を説明できない技術者は専門家ではありません。成功した実務経験がなく、まともな教育を受けていない業者だと思います。

その典型例が、石膏ボードと遮音パネル・シート、グラスウールを多用し、無駄に分厚い防音構造を設計します。

在来工法の通気層や換気構造をつぶす業者は危険です。

 

防音の三原則

防音設計の3つの機能・原則は、「遮音」「制振(防振・絶縁含む)」「吸音」です。これを組み合わせて設計します。

 

音楽室の場合は、これに音響が加わります。音響・仕上げ素材で重要な要素は「吸音性・吸音率」「二次共振の抑制」です。

これらの要素を考慮して木造の音楽防音室を設計するのが専門家の役割です。

*参考:防音設計の常識役立つ防音メモ

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 08:27
-, -, pookmark
建築士や建築会社が防音設計を出来ない理由

一般的に建築士や建築会社は防音設計そのものが理解できないので、新築住宅や防音室の具体的な設計が出来ません。

 

それは、色々な学会の情報を集約したウェブサイトがないので、一般ユーザーや建築士などには必要情報にアクセスすること自体が面倒で難しいのかもしれません。


学会の専門情報や既製品の問題点は私の知る限り、まとめたサイトは存在しないようですので、この点に留意して自分の体験や相談案件を中心にアプローチした情報サイトを新規で作る予定です。

*かなり時間がかかると思いますが、概成した段階でアップします。


学会などの専門家が、広報活動や相談会など何もやっていないから、民間の建築士を始めとして、音響・防音設計が殆ど分からない。
誰にどこに聞けば教えてくれるのかも所在も知らないのが実情です。

 

そのため無礼な建築士や不動産会社がウェブサイトを見て、専門業者にいきなり電話して、無料で教えてくれと言う馬鹿なことをするのです。

自分たちで努力して調べようともしないで、見切り発車で既製の防音材を使って施工するので、失敗事例が増えて行きます。

 

建築学会や音響学会などは建築業界から研究費をもらっているので、企業の製品欠陥や工事内容の不備を分かっていても黙っているようです。
自分たちの自己満足的な研究や活動に専念するだけです。こういうところに業界の問題があると思います。

 

防音職人のウェブサイトでは、出来る限りリスク回避に役立つような情報も掲載しています。

どこの企業からもお金をもらっていないので、問題が分かったら黙っていません。

防音相談の場所

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 12:47
-, -, pookmark
木造住宅の壁防音

最近、新築したばかりの木造住宅の壁防音の相談が増えています。

 

相談案件の共通点は、外壁内部の断熱材が硬質発泡材であること、内装ボードが石膏ボード1枚しか施工されていないことです。

*外壁材はサイディング、ガルバリウム鋼板、ALCです。

いずれも、音を反射するだけの外壁材を使用しており、この点でも音が響きやすく吸収しない特性が、防音効果にマイナスになっているようです。

*硬質発泡材は吸音性がほとんどないので、これもマイナスになります。

 

しかし、新築したばかりの施主は、基本的にリフォームをする予算がほとんどなく、優先的に施工する部分をしぼりながら、DIYで対応できる方法はないかとネット上を検索されている。

 

防音工事をするにしても、もう2回目の失敗は許されないわけですから、慎重に検討する必要があります。

私の提案は、基本的に低い周波数から高い周波数まで可聴域の音を大幅に減らす工法です。

・環境省の低周波音対策マニュアル、音響学会リポート、担当した木造防音室の測定結果などを勘案して厚さ10ミリの遮音層を構築

・遮音材は高比重+柔軟性のある素材を適用

・周波数特性の異なる2種類の遮音材+2種類のボードを併用する

 

これによって、振動を伴う騒音についても壁を透過する音を減らせます。

 

昨年だけでも、私の施工チームが担当した木造住宅(戸建、賃貸併用)の生活防音工事は5件あります。すべて成功しています。

それと私が提案したDIY施工の地方案件も、うまくいったようです。

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 09:01
-, -, pookmark
遮音パネル・ALCパネル工法の弊害

このところ相談が増えてきているのが、木造住宅における壁面の遮音パネル、ALC(軽量気泡コンクリート)パネル工法の遮音欠損です。

 

とくに新築住宅で防音効果を高めるために建築業者が採用した遮音パネル・ALCは、現場に行くと予想以上に音漏れしたり、室内に反響音(残響)が残り不快な感じがします。

*夜になると、戸外や室内の暗騒音が小さくなる分、近所の犬の鳴き声や車騒音が気になって眠れないという相談です。

 

これはパネル工法の弱点と製品の遮音性能の両方に問題があります。

・つなぎ目(ジョイント)部分から音が漏れる。

・遮音パネル自体が反響して、うるさい。

・取引先の現場調査結果と合わせて考えると、メーカーの自己申告データと現場の防音効果が乖離している。

 

では、対策の方針はというと、用途によって多少異なりますが、理想は薄くて密度の高い防音材と吸音率の高い吸音材充填、柔らかい表層材仕上げ、これが基本です。

工法としてはつなぎ目を気密する、遮音欠損を出来る限り小さく手作りの施工です。

 

ちなみに、上記の問題の現場に発泡断熱材が壁内に使用されていると、問題が大きくなります。それは壁そのものが吸音しないだけでなく、共振体となって大幅に遮音低下するからです。

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 09:07
-, -, pookmark
木造住宅の車騒音の防音(相談・工事)

 今年は、すでに3件の木造住宅(戸建)の生活防音工事を施工して問題を解決しています。共通した騒音は戸外からの車騒音、隣家からの生活騒音でした。

 いずれも新築後のリフォームとして施工するため、出来る限り薄い防音構造で対策を行うことが前提で、既存建具などの制約があり、概ね29ミリ〜42ミリの厚さで防音仕様を決めました。

 

 防音工事完了後の依頼者のご感想は次の通りです。

「音に敏感になっていたので、安心して眠ることができるようになり、ほっとしました。音は少しは聴こえる部屋もありますが、安心できる部屋が出来たことが大きいです。」

 

「厚さ30ミリ〜40ミリ程度の対策で、工事完了後はまるで分厚い防音壁に守られているかのような効果があり、満足しています。こんど、新築住宅を建てるときは、計画の段階からご相談させていただきたいと思います。」

 

以上のような評価をいただきましたが、これ以外に言われたことは「最初から住宅メーカーや建築士が、施主の要望を真剣に対応してくれれば、このようなリフォーム工事も必要ないし、最初からできないことは請け負わないで断って欲しかった。」ということでした。

 でも最初から出来ませんと勇気をもって断る建築業者などほとんど存在せず、大半はにわか仕込みの知識で建設を強行することが多いのです。それが建築業界の実情です。

 

 すでに、また1件、10月着工を目標に、木造戸建住宅の生活防音の工事を依頼されています。幹線道路に面した住宅ですが、車騒音と近所の犬の鳴き声の対策です。

author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 09:56
-, -, pookmark
オーディオ・シアター防音室(木造住宅)
大規模リフォームに伴う、木造住宅に併設する「オーディオ・シアター防音室」ですが、昨年の記事の続報です。
オーディオ防音室(木造)

今年に入り、本体の防音工事が始まり、昨年に引き続き、施工を担当しているリフォーム業者(地方の地元業者)から、色々と質問攻めにあい、一つ一つ丁寧に指導しております。(メールと電話による)
ほとんど、疑問点が理解されたようで防音工事は進んでいますが、たまに現場の職人から施工のしやすさを優先した要望がきますが、当初の設計通り実施するように指示しています。

ちゃんと質問しながら施工しているので、良心的な業者だと思いますが、やはり防音工事は面倒なようで、初めての経験なのだと思います。私(防音職人)のほうの専属施工チームにとっては、標準的な仕様であっても、普通の建築業者には、手間のかかる内容と思われています。
しかし、手間を惜しむと良いものはできません。

施主の希望する音響・防音性能を満足するためにも、根気強く指導しています。木造施工そのものは地元の建築業者であっても詳しいので、ちゃんと詳細を説明すれば理解してくれます。

契約金額からすると、東京ではありえない廉価で音響・防音設計図を作成し、コンサルティングを実施しています。施主が東京まで私に会いに来て依頼されたので、お受けすることにした案件です。
誠実な依頼に誠実に応えるのが私の流儀です。
author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 10:25
-, -, pookmark
住宅など木造建物の防音設計
先日、相談者に次のような質問をいただきました。類似したご質問に対して回答した内容を補足して再掲いたします。

■ご質問:「建築士が設計した木造家屋において、音が筒抜けになることは、通常あり得ることなのでしょうか。」

■回答(防音職人ウェブマスター)
注文住宅を設計する建築士は一般的に、ハウスメーカーよりも生活防音の知識がなく、施主からの特段の仕様的な要望がなければ、音が筒抜けになることは珍しいことではありません。
これは大学の建築教育において、防音設計・音響設計のカリキュラムがほとんどないこと、教員に詳しい知識がないためです。
社会に出ても、木造建築の防音設計に詳しい会社が少ないので、今回の様な木造家屋が建築されるということになります。

そもそも、建築士には音響・防音設計という意味も理解されないことが多く、具体的な設計・工法の提案などできません。
大手建材メーカーの遮音パネルなど既製品を貼り付けるだけの簡易的な対策しかできません。

木造建物の防音設計は、実績と具体的方法論の知見をもった専門業者に依頼すべきであり、マンションの生活防音と同様な問題を抱えています。

書籍など資料も市販されているものは、内容が古く、近年の防音材の状況などを反映して補正されていません。実際の現場経験を生かし、音響・音測定を実施するなど分析を加えて、初めて補正できるものです。
また、情報が分散しており、設計マニュアルが集約されているウェブサイト、専門書そのものが、私の知る限り存在しないようです。
 
author:防音職人ウェブマスター, category:住宅防音, 08:08
-, -, pookmark