RSS | ATOM | SEARCH
楽器防音室と防音材について

防音職人では木造の防音室であれば、職人の施工と依頼者のDIY作業を組合せた提案が可能です。

 

特定の防音材を推奨することはあっても、既製品を全否定しているわけではないので、ちゃんと併用したプランをご提示していますので、ご安心下さい。

また、取り扱い防音材を押し売りすような商いはやっていませんので、あくまで純粋に費用対効果を重視して提案します。

*本業は防音設計・コンサルティング業務です。

 

ウェブサイトに記載している製品は、防音設計担当である私が25年以上の実務経験や自宅の防音体験で検証したものです。

受注生産品ですので、市販品のような在庫は基本的にありません。

ご契約をいただいてから発注します。

 

なお、基本的に重量物は天井面にDIYで施工すると、地震などが発生した場合、落下するリスクがありますので、必ず職人に施工を依頼して下さい。

 

床はカーペット仕上げであれば、防音材によるDIY作業は可能です。

 

壁面については、現状の構造に左右されますので、事前に図面資料をご提供下さい。使用可能な防音材をご提示します。

*参考:木造ピアノ室と防音材

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 11:40
-, -, pookmark
木造ピアノ室の音響・防音対策

木造軸組在来工法の建物において、床などの固体伝播音の軽減は重要ですが、こればかり留意して音響を軽視したのではピアノ教室や練習室を目的とした防音室として不適格です。

 

なぜならば、木造ピアノ室は「木造建物全体で鳴るような楽器」であるとプロのピアニストや調律師が指摘している通り、防音性能だけではなく音響が命だからです。

この目的に最も適した構造が「木造軸組在来工法」です。

 

この構造を活かすための工夫が「防音設計」です。もちろん、木造に慣れている建築業者の施工が必要ですが、普通の防音専門業者は必要ありません。適切な施工要領、防音仕様書・説明図、木造と相性の良い防音材、建築材料があれば東京に限らず全国で実現できます。

*留意しなければならないのは「優れた音響・防音効果」は防音材と無垢材など木製品、その他一般建材が複合的に構築されて実現されることです。そして木造建物の安全性・寿命を重視することが大切です。

 

私は自宅や知人宅の実験を含めて25年以上、費用対効果の高い薄型の音響・防音構造を追求してきました。とくに、その成果がここ数年で地方の木造現場を含めて開花しています。

依頼者の声(抜粋)

 

ピアノ室を含めた木造の事例は次のページに掲載されていますので、参考にしていただければ幸いです。

木造ピアノ防音室(ヴァイオリン・声楽・和楽器含む)

防音対策・施工事例

木造住宅・ピアノ音楽室

author:防音職人ウェブマスター, category:ピアノ防音, 08:18
-, -, pookmark
ベースギターの木造新築防音室

先月の下旬に新築木造住宅に併設した趣味のベースギター防音室が完成し、音響および防音チェックが完了しました。

 

約3帖の小さな防音室ですので、出来る限り天井裏や壁内・床下空間を活用した薄型の防音構造を計画しました。

施主の感想では、音響も防音効果もレンタルスタジオ以上の性能が体感できたので満足しているとのことでした。

*費用対効果は抜群です。

 

新築業者の建築士や工事担当が防音設計だけでなく施工そのものが不慣れなため、相当の諸注意や説明図を提示しながら苦労しました。防音室内部の工事は私の提携先が担当しました。

 

ベースギターのアンプやスピーカーが大きくて重低音が響くので、今後必要に応じて施主が床に敷物を挟んだり、壁やオーディオ機器の背面に吸音ウールを活用して最適化出来るように調整します。

 

とにかく木造防音室としては、今まで経験したことのないような小さな部屋でしたので、想定以上の防音効果が得られて安心しました。それにしても、新築業者の建築士があまりにも知識がないので焦りました。

 

これで昨年までに竣工を予定していた案件がすべて完了しました。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 16:14
-, -, pookmark
ギリギリの木造ピアノ防音室(ピアノ教室の続報)

2019年12月に投稿しました記事の続報です。

東京都国立市に隣接する府中市内の住宅地に建っている木造住宅に、ピアノ教室を開くために依頼された木造現場です。和室と洋室が引き戸一枚で区切られている室内を、一部屋にまとめてフローリング仕上げのピアノ防音室(洋室)として、今回、防音リフォームしたものです。

 

画像に示すようにグランドピアノがギリギリ入るような間取りですので、普通の音響・防音設計では対処できない現場です。施工を担当した建築士によると、他の専門業者では不可能だと思われるという判断でした。

しかも、ピアノ教室として良好な音響を確保するのは、木造軸組在来工法ではかなり難しいのでは?と思ったそうですが、私の判断は逆で、木造軸組在来工法の建物であったから成功した現場です。

 

なぜなら、ピアノは建物全体で鳴らす楽器だからです。国内外のプロのピアニストが木造在来工法を好む理由が、そこにあります。

この特性を生かした音響・防音設計および工事を実施できるのは、東京の専門業者でも極めて少ないです。

 

以下、現場を担当した建築士と施主(依頼者とピアニストのご家族)の感想をまとめると次のようになります。

「響きが良くてちょうどよい音響になっている。他の専門業者には今まで使用していたボックス型の防音室は入らないと言われていたのでピアノ室が実現できて良かった。隣家が非常に接近していて夜間演奏が出来るか非常に不安だったが、完成して演奏してみたら音漏れは非常に小さく、むしろ戸外の車などのノイズのほうが大きいくらい。防音効果としても全く問題がない。」

木造ピアノ室

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 11:30
-, -, pookmark
木造音楽防音室の表層材・設計仕様

2020年1月11日現在、契約案件のうち2件の新築木造防音室(ピアノなど)の工事が最終段階に入っています。

 

現場管理・新築設計担当の建築士や現場監督から電話で質問が来ています。詳しく再度説明しましたら、納得されたようですが、昨年1件ほど私に無断で施工仕様を勝手に変更した現場で、壁の遮音性能が5から10dB程度低下した防音室がありました。

 

このように事前に質問をしていただければ、未然に間違いを防げますので、施主の方は必ず建築士や現場監督に「不明な点は防音設計担当に必ず連絡して相談すること」と念押ししてください。

 

防音職人の音響・防音設計は施主の特別な制約がない限り、断熱材や表層仕上げに至るまで綿密に計算して仕様を決めています。このため、勝手な変更は性能を保証できません。

こちらの設計や施工要領通りの工事をしていただければ、今まで問題が生じた新築現場はありません。

 

現場監督などが自分たちの知識だけで思い込みで施工すると逆効果になる場合があり、補修などで余分な経費がかかることがありますので、施主の方もご留意ください。

*表層材は音響だけでなく、防音効果にも影響する場合があります。断熱材は防音効果そのものを大きく左右します。

疑問点などは、お気軽にご相談ください。

author:防音職人ウェブマスター, category:楽器防音室, 10:39
-, -, pookmark